来年度、神戸・大阪・広島へ修学旅行に行く1年生が、事前学習として阪神淡路大震災について学びました。

25年前、生徒たちが生まれる前に起こった「阪神淡路大震災」。どのような災害だったのか、どれほどの被害があったのか。また、自分たちにできることはないだろうか。グループごとにテーマを決め、タブレット端末等も活用しながら調べ学習を行って議論し、テーマを掘り下げていきました。

調べ学習を行った内容は、各グループでわかりやすく模造紙にまとめ、クラス内での発表を行ったあと、代表グループが全体に向けて発表を行いました。

ボランティアについて、ライフラインの復旧について、など、様々なテーマで掘り下げられた発表はどれも見ごたえがありました。見る側となった生徒たちも、各クラスを代表するクラスメイトの発表ということで真剣な眼差しで聞き入っていました。